神ノ手 秋葉原ホコ天、1月にも復活

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋葉原ホコ天、1月にも復活

  • 2010/12/15(水) 00:00:00

無差別殺傷事件で中止となったホコ天が、ようやく復活する

秋葉原の歩行者天国が、来年1月23日にも再開される見通しとなった。“ローアングラー”の撮影など“セクシー系”は厳しく規制される見通しだ。

 17人が死傷した2008年6月の無差別殺傷事件を受けて中止となっていた東京・秋葉原の歩行者天国が、来年1月23日にも再開される見通しとなった。再開は2年7カ月ぶりで、周辺の電器店やマニア向けショップはにぎわいを取り戻しそうだ。

 歩行者天国は秋葉原の中央通り(約570メートル)で日曜午後に限って実施する。殺人などの罪で東京地裁で公判中の元派遣社員、加藤智大被告(28)が無差別殺傷を起こす以前は、約800メートルにわたって祝日も行われていたため、規模は縮小されることになる。

ITmedia

 アキバのホコ天は1973年にスタート。日曜と祝日の正午から、人出の多い中央通りを歩行者に開放してきたが、無差別殺傷事件後、千代田区が中止を決めた。

 その後、地元住民や商店街、警察らでつくる「検討会」がボランティアによるパトロールや違法パフォーマンスの監視活動に取り組んだ。今年から新たに防犯カメラを50台設置して治安状況が改善をさせたことから、観光客が増加する今夏に復活させる予定だったが、警備体制の調整が難航するなどして先送りとなっていた。

 以前のホコ天は、路上でいきなりTバックを見せた自称セクシーアイドルの女が、東京都迷惑防止条例違反で逮捕されたのをはじめ、大胆な水着や制服姿でコスプレする少女たちに、カメラ小僧が群がるなど過激パフォーマンスが問題化していた。なかには地面スレスレからビデオカメラを回し、パンチラをねらう「ローアングラー」と呼ばれるカメラ小僧も出現。エロビデオのロケも行われるなど、風紀が乱れていた。

 こうしたセクシー系の行動は厳しく規制する方針だが、周辺の商業施設は売り上げアップに期待をかけている。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする 禁止キーワードはhttp

管理者にだけ表示を許可する
  •  | Home.gif | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。