神ノ手 CDMA2000版iPhone 4発売決定、ついにW-CDMA陣営以外もサポートへ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDMA2000版iPhone 4発売決定、ついにW-CDMA陣営以外もサポートへ

  • 2011/01/13(木) 00:00:00

CDMA2000版iPhone 4発売決定、ついにW-CDMA陣営以外もサポートへ

日本のKDDIと同じ、CDMA2000方式を採用しているアメリカの大手携帯電話会社「Verizon」が本日行った発表会において、ついにCDMA2000に対応したiPhone 4を発売することを発表しました。

今まではW-CDMA陣営にのみ提供されてきたiPhoneですが、CDMA2000版の登場はすでにiPhoneを展開している事業者にも、そしてCDMA2000方式をサポートしていたため、iPhone獲得に乗り出せなかった事業者にも、非常に大きな影響を及ぼすことになりそうです。

URL
Gigazine

CDMA2000版iPhoneの主な特徴ですが、W-CDMA版と同じA4プロセッサや500万画素カメラ、960×640の高解像度液晶「Retina Display」などを搭載。FaceTimeのようなビデオチャットサービスを利用することが可能となっています。

発売は2月10日でVerizonの店舗およびApple storeで購入可能。16GBモデルが199ドルで32GBモデルが299ドル、最大5台の無線LAN機器をiPhone 4を通じて利用できるテザリング機能もサポートしています。


なお、Verizonは次世代高速通信サービス「LTE」を展開していますが、CDMA2000版iPhone 4がLTE対応ではなく、その理由としてLTE対応のチップセットを搭載した場合、大幅なデザインの変更が必要になることが挙げられています。

ちなみにCDMA2000版iPhone 4をリリースするにあたって、VerizonはAppleと独占契約を行っていないとされているため、アメリカ国内でCDMA2000を展開しているSprintや、アメリカ国外でCDMA2000を展開している事業者についても、CDMA2000版iPhone 4を発売するチャンスはあるということになるようです。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする 禁止キーワードはhttp

管理者にだけ表示を許可する
  •  | Home.gif | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。